ようゆう会50 「議員は議論する人」~市議会とはなにか~

火曜日 , 19, 3月 2019 Leave a comment

ようゆう会は、文化から経営まで幅ひろいテーマで「教養ある大人」を目指すコミュニティ。
おかげ様で10年目、50回となります。
今回は、議論と議員と議会がテーマ。
昨年、犬山市議会はすぐれた活動を評価され、全国2000余の応募の中からマニュフェスト大賞グランプリ(1位)を受賞。
その議会革新の中心をになった犬山市議会議員の方がたを講師にお招きする予定です。
市議会はいうまでもなく、われわれ市民の重要な社会インフラ。
この機会に、「議員」の「議論」に参加してみませんか。

テーマ

「議員は議論する人」~市議会とはなにか~

内容

これまで、ようゆう会では、春日井市を中心とした「歴史・文化」「土地(街の価値と活力)」
「自然・大地」の特徴をテーマに取りあげてきました。
これらは日々の生活・仕事を支える重要な社会基盤ですが、空気のように当たり前すぎて、うっかり忘れがちな課題でもありました。

もうひとつ、うっかりしがちなのが「市議会」ではないでしょうか。
私たちは市民として、市の方向性と税金の使い方を決めるもっとも身近な議会「市議会」について日ごろ、どこまで関心をもって接しているでしょうか。

人間の集まりである市議会には、人件費など少なくない我々の税金が使われていて、重要なことぐらいは分かります。しかし、プロの給与をもらっている人たちが、何をしているのか。市民のよりよい生活のために、他の市町村とくらべ、どんな特徴があるのか…など、恥ずかしながら
春日井市民50年になっても、まったく無関心でした。

「議員は議論する人」とは、ある議員自身がつぶやかれた言葉。

議論のプロであるはずの議員自身が、議員としての議論のあり方に不満、反省を感じているのでは?…そこで、当の議員の方がたにご登壇いただき「議会」について「議論」してもらうことをお願いしました。

切り口は…
「議論とは」「議員は議論しているのか」「地方自治、市議会とは」「春日井市議会の特徴(データで比較)」「マニュフェスト大賞グランプリ、犬山市議会に学ぶ」「よい議会とわるい議会(があるとすれば)どう違う」「議員から議論の過程を学ぼう」「議員の議論を支援できるか」ほか、参加者からの質疑 …の予定です。全ての市民の方に、ご関心いただけたら幸いです。

2019年3月 ようゆう会代表 滝澤道幸

ゲストスピーカー プロフィール

久世 高裕(くぜ たかひろ)さん

1981年、犬山市生まれ。
犬山市議会議員4期目。
南山大学卒、社会保険労務士。古民家カフェ「本町茶寮」経営。

柴山 一生(しばやまいっせい)さん

1958年、犬山市生まれ。
犬山市議会議員5期目、副議長を歴任。
ニューヨーク州立大院修了。
英語塾経営。

末永 啓(すえながけい)さん

1985年、徳島県徳島市生まれ。
春日井市議会議員3期目、青山学院大学卒。

日時

2019年6月13日(木) 19:00~20:50(受付18:30~)

スケジュール

19:00 ~ 20:50 講演またはパネル・ディスカッション&質疑

テーマ…「議員は議論する人」~市議会とはなにか?~

※20:50~22:00ぐらいまで、参加者交流会。希望者のみ。軽飲食(ソフトドリンク、お酒。ビュフェ形式。@2500円)

定員

約50 名

参加費

1,000円 (当日受付にてお支払い)

会場

勝川駅前ルネック7F 多目的ホール
JR 勝川駅北側正面(1階大垣共立銀行、ホテルプラザ勝川の左隣りの7 階建てのビル)
春日井市松新町1-4
駐車場は駅周辺に多数

姉妹会

ひと倶楽部

協力

かちがわ大学

協賛

  • 株式会社西山商店(名古屋市)
  • 有限会社ディライト・ネット(北名古屋市 WEB制作・ネット販売支援)
  • 勝川駅前通商店街振興組合

特別協賛

  • 株式会社マルト水谷(酒類販売、春日井市)

問合せ&参加申込み

下のフォームにて申込みください。
※参加にあたり、会の主旨のご理解・ご了承をお願いいたします。参加資格は問いませんが、主旨と大きく違った参加目的の方はお断りすることがあります。ご不明な点は、電話などでお問い合わせください。
携帯090-4265-6010 滝澤あて。

会社名(個人の方は不要)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(確認用)(必須)

お電話番号(必須)

お申し込み内容


連絡事項