ようゆう会49 「将棋の名コーチに学ぶ」~全国一を目指す「指導者のあり方」~

火曜日 , 8, 1月 2019 Leave a comment

ようゆう会は、文化から経営まで幅ひろいテーマで「教養ある大人」を目指すコミュニティ。
おかげ様で10年目に入り、49 回となります。
今回は、将棋をとおした「指導力」がテーマ。
講師は2年前ご出演いただいた藤井聡太さん(現七段)の同門でもあるプロの指導専門棋士をお招きします。

テーマ

「将棋の名コーチに学ぶ」
~全国一を目指す「指導者のあり方」~

内容

2016年、14才の藤井聡太四段が劇的に誕生しました。
その1年前、愛知の将棋界にもう一つの快挙があったことを知る人は少ないかもしれません。
名古屋の、私立大学将棋部チームが、全国の大学約100校参加の大会で優勝。愛知代表としては40年ぶりのことでした。
AI研究の主要テーマにもなっている知能競争ゲームの極致「日本将棋」。その大学対抗戦はこれまで東大、名大など国立校が圧倒的で、地方の私立大学の1位は、めったにないこと …

昨年は“生身の”指導者・リーダーのあり方が異様に注目された年でした。
大学フットボール、相撲、ボクシング界などでの暴力・パワハラ問題や大手自動車会社トップの逮捕など…
そして、スポーツや会社・団体といった各界の「リーダー・指導のあり方」への疑問が噴出しました。
国会では、パワハラを罰則化しようという動きもあるようです。
反面、新たな指導者像が注目されてきています。
箱根駅伝チーム4連覇の青山学院大学 原晋監督や、大学ラグビー9連覇の帝京大学 岩出雅之監督、最近ではサッカー日本代表、森保一監督など。 ようゆう会では、未来工業 山田昭男創業者、ヴィレッジヴァンガード 菊地敬一会長や おふくろさん弁当 岸浪龍社長に、独自のリーダー観をお話しいただいています。
これらのリーダーが、鬼か仏かといえば、仏のイメージでしょう。
しかし、そんな柔らかいだけのものでもなく「考え抜いた合理的な指導法」が共通しているとおもいます。

… 今回の講師、竹内貴浩さんは名城大学将棋部を全国優勝に導いた専属コーチ。藤井聡太さんとは兄弟弟子の関係です。

・鬼か、仏の指導者か?(トップダウンかボトムアップか)
・チームとして最初からトップを目指したか?
・目前の試合に(限られた期間で)成果を上げるには?
・メンバーを強権でまとめるか、そのほかの方法は?
・レギュラー選出(評価)の考え方は?
・個人プレーとチームプレーの両立は?(大学将棋は個人と集団競技の両面あり)

これらの切り口を中心に、竹内さんの貴重な体験をご披露いただきながら「指導者のあり方」を参加者のみなさまと考える場になれば、とおもいます。

(2019年1月 ようゆう会代表 滝澤道幸)

プロフィール

竹内貴浩(たけうち たかひろ)さん

1987年名古屋市生まれ。日本将棋連盟 指導棋士四段。
春日井の室田伊緒女流二段、瀬戸の藤井聡太七段と同門の杉本昌隆七段門下。
2014年より専属コーチとして名城大学将棋部を指導。翌年には、全国大会(全国約100校参加)の団体戦で地元の名古屋大学などを破り、愛知県代表となって東京大学など強豪チームを勝ち抜き、全国優勝。また、個人戦にも男女3回の優勝者をだし同大学からは2名の女性プロ棋士も誕生させる。
藤井七段を先頭に黄金時代を迎えつつある愛知の将棋界を、プロ・コーチとして次の才能を開花させるため、多くの現場指導で支えている。

日時

2019年3月15日(金) 19:00~20:50(受付18:30~)

スケジュール

19:00 ~ 20:50 講演&質疑

テーマ…「将棋の名コーチに学ぶ」~全国一を目指す「指導者のあり方」~
ゲストスピーカー、竹内貴浩さん(日本将棋連盟 指導棋士四段)

※20:50~22:00ぐらいまで、参加者交流会。希望者のみ。軽飲食(ソフトドリンク、お酒。ビュフェ形式。@2500円)

定員

約50 名

参加費

1,000円 (当日受付にてお支払い)

会場

勝川駅前ルネック7F 多目的ホール…JR 勝川駅北側正面(1階大垣共立銀行、ホテルプラザ勝川の左隣りの7 階建てのビル)春日井市松新町1-4 駐車場は駅周辺に多数

姉妹会

ひと倶楽部

協力

かちがわ大学

協賛

特別協賛

ご案内PDF

ようゆう会49のご案内

問合せ&参加申込み

下のフォームにて申込みください。
※参加にあたり、会の主旨のご理解・ご了承をお願いいたします。参加資格は問いませんが、主旨と大きく違った参加目的の方はお断りすることがあります。ご不明な点は、電話などでお問い合わせください。
携帯090-4265-6010 滝澤あて。

会社名(個人の方は不要)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(確認用)(必須)

お電話番号(必須)

お申し込み内容


連絡事項