ようゆう会41 サラリーマンと趣味を両立し大学教授になる方法

金曜日 , 11, 11月 2016 Leave a comment

「ようゆう会」は経営・ビジネス~文化まで勉強・話題にしていこう、という「講演+文化」の交流会。おかげさまでほぼ丸7年、41回目の開催となります。
今回は、大学教授に転進された元サラリーマンの貴重な体験談をご披露いただきます。また、講演終了後の任意参加の懇親会では、昨年、好評だった新作の「紙芝居オペラ」を、冬の芸術・風物詩として芸術家4人の生演奏で再演します。
みなさまの参加をお待ちしております。

2016年11月 ようゆう会世話人一同

テーマ

「サラリーマンと趣味を両立し、大学教授になる方法」
~組織の中でも外でも“よゆう”をつくる~

内容

1部 講演

flier-041-1「ようゆう」会は、余裕、遊、よく言う、をひっかけたネーミング・・・より良い経営・ビジネスには、ゆとり・すきまを意味する「遊び」の側面が重要、との思いからのスタートでした。
「遊び方がうまい」といわれる人がいます。ふざけすぎた「遊び人」という感じではなく、とくにビジネスの世界では、趣味も仕事も充実している人のこと。
比較的お金と時間に不自由の少ない経営者的な人なら、仕事と趣味を両立させることは容易かもしれません。しかし、企業でバリバリの管理職をしながら「遊ぶ」(余裕をもつ)ことは簡単なことではないでしょう。
“遊び”があるからこそ、仕事に余裕がうまれ、人とのつながりが広がり、次の人生へのステップアップの選択肢もひろがる。
こうした見本のような人が、元サラリーマンの滝川宜信さんです。
滝川さんにはずっと以前に、ビジネスマンとしての「趣味の方法」を教えていただきました。と同時にボランタリーの心も。ようゆう会が、文化系の勉強会としての特徴がだせているのも、滝川さんのような品のいい「遊び人」のお手本があったからです。
今回、長年のおつきあいもありご無理を言って、やや奇抜で貴重な演題・体験談をお引き受けいただきました。会社のなかにいても、組織から出て独立・自立しても“よゆう”のつくりかた・あり方は大切かとおもいます。
ご関心の方、よろしくご参加くださいますよう。

2部 「紙芝居オペラ上演と、懇親交流会」”冬の芸術・風物詩” ペーパーオペラ上演

flier-041-2昨年好評だった、芸術家たちの「意志の結晶」である作品(紙芝居オペラ)を、味わう趣向ー。
物語と舞台と音楽の融合・・・2015 年10 月3 日(ミズノメセナ)と12 月16 日(ようゆう会)で初演された名古屋発の日米合作、紙芝居オペラ「月と珈琲の物語」。この新作の舞台・音楽作品が、この一年で上演7 回を予定する作品となりました。
オペラやミュージカルへの挑戦は芸術家たちの憧れですが、実現、さらにマネジメントもふくめ何度も上演にのる成功作を送り出すことはきわめて、まれ。新商品やサービスがリピートを繰り返して定番商品となるのが、とても難しいのと同様です。
日本人より日本(名古屋?)人的なアメリカ人作曲家、ジェイソン・テイラーさんが、自ら「ペーパーオペラ」を名乗り、友人のマルチ文化職人(版画家、珈琲焙煎士ほか)小島伸吾さんの新作台本・作画への作曲にチャレンジしたもの。珈琲焙煎店の経営者でもある小島さんの台本は、世界的に知られたコーヒー発祥の寓話をもとにしており、なんと珈琲を絵の具にして描かれた味わい深い紙芝居です。
ムーンピロー・アンサンブルの(3 人の一流ギタリストによる)高度で繊細な生演奏とともに、約30 分の新たなバージョンで皆さまにお届けする予定。
ようゆう会では、年末恒例の“ 第九”のように、冬の風物詩としての上演を後援してゆきたいとおもいます。
新年の夜長、ペーパーオペラを、飲食とともにお楽しみください。
(ようゆう会世話人代表 滝澤道幸)

プロフィール

1部ゲストスピーカー

滝川宜信さん

名古屋市生まれ。愛知県の大手自動車部品メーカー法務部長などをへて現在、明治学院大学教授(商法)、行政書士滝川ビジネス契約コンサルティング代表。名古屋時代には、サラリーマン有志による文化・芸術活動団体「トラツォーム」で企画、台本、演出などで活動する。
著書、『取引基本契約書の作成と審査の実務』など多数。
https://tbcc.jp/profile/index.html

2部出演者

小島伸吾さん

版画家、ヴァンキコーヒーロースター代表。
2008 年「お好みのブレンド、お好みのテイスト」をキャッチフレーズにオリジナルブレンドのコーヒー焙煎店を名古屋・天白に開業、軌道にのせる。
2014 年1月、著名な宮大工設計による新店舗を開店。 個人・専門店向けから、企業の贈答品、さらには松岡正剛や丸善といった一流文化人・書店などのきめ細かい個別オーダーまで、芸で培った柔軟な発想力を生かした提案を行う。 オリジナル版画をコーヒーのパッケージにするなど、その親和性と独自性に特徴をもつ“ マルチ文化職人”。
http://www.vankicoffee.com/

ジェイソン・テイラーさん

アメリカ デラウェー州ウィルミントン生まれ。2000 年ピーバディー音楽院・作曲科で 修士号を修め、ギターを野村芳生氏に師事。作曲分野は、ギター曲、弦楽四重奏曲 をはじめとする室内楽からオーケストラ曲まで。2012年より「ムーンピロー・ア ンサンブル」を結成。2014 年 11 月には「ようゆう会」にてギター編曲版オペラ「カルメン」(抜粋)を、2015 年10 月と12 月には評判のペーパーオペラ「月と珈琲の物語」を新作初演。
大好きな日本食と作家村上春樹へのリス ペクトとともに名古屋に在住、作曲、演奏活動を展開。これまでに作曲された多 くの作品は日本国内およびカーネギーホールなど世界中で演奏されている。
http://jp.jasonrtaylor.com/

ムーンピロー・アンサンブル

2012年結成。今までにないエモーショナルかつファンタスティックな音楽を追求する作曲家ジェイソン・テイラー自らが演奏メンバーでもあり、高須大地・大矢修三で構成されるギタートリオのユニット。詩的にしてファンタスティックな音楽が人気を呼んでいる。
結成以降さまざまな楽器とのコラボレーション、CD録音、カフェコンサートやホールコンサートなどで活動を展開している。
http://www.moonpillowensemble.com/

開催日

2017年1月20日(金)

タイムスケジュール

18:30~ 受付開始
■1部
19:00~21:00 講演&質疑と参加者交流
■2部(ルネックのレストラン)
21:00~ 参加者の懇親・交流会
21:30~ 紙芝居オペラ「月と珈琲の物語」上演

会場

勝川駅前ルネック7階 多目的ホールおよびレストラン
JR勝川駅北側正面(ホテルプラザ勝川ひだり隣りの7階建て、1F大垣共立銀行のビル)
春日井市松新町1-4 ※駐車場は駅周辺に多数

春日井市松新町1-4

参加費

1部 1000円
2部 2000円 参加希望者のみ別途[軽飲食、ソフトドリンク、ビールなどあり]を予定)

定員

約50名

姉妹会

  • ひと倶楽部

協力

  • かちがわ大学

協賛

  • 株式会社西山商店(名古屋市)
  • コスモス・ベリーズ株式会社(家電販売、名古屋市)
  • 勝川駅前通商店街振興組合

後援

  • (公財)かすがい市民文化財団

提供(紙芝居オペラ)

  • 株式会社羽根田商会(名古屋市、機械工具販売)

お申し込み

会社名(個人の方は不要)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(確認用)(必須)

お電話番号(必須)

お申し込み内容


連絡事項