2015年2月1日 ようゆう会29 赤松林太郎氏、武田邦彦氏、宗次徳二氏

金曜日 , 28, 11月 2014 Leave a comment

flier-029-a「ようゆう会」はビジネス~文化まで、勉強・話題にしていこう、という「講演+文化」の交流会。
今回は、ようゆう会の音楽芸術の顧問的な存在、赤松林太郎さん待望のピアノソロコンサートとドッキングしておこないます。武田邦彦先生も応援にこられます。
みなさまの参加をお待ちしております。

ようゆう会世話人一同

テーマ

ピアノコンサート&交流会&「対談 音楽家支援の意義とホールマネジメント」

内容

flier-029-b2015年2/1(日)14:00開演16:00終了予定の、赤松林太郎ピアノソロコンサート終了後に、そのまま宗次ホール会場内「ホワイエ」にて、交流会形式にておこないます。

赤松さんと武田邦彦先生、それにホールオーナーの宗次徳二さん(あのカレーのココイチ創業者)も出席。
3人のコラボ対談が実現。

テーマは、「音楽家支援の意義とホールマネジメント」として、お三方に話題をふりたいとおもいます。日本有数の音楽支援者(パトロン)にして、ココイチ創業者のお膝元で、一番の話題かと。コンサートともどもご予定ください。

なお、2月1日のチケットは、ようゆう会でも扱っています。

(ようゆう会世話人代表 滝澤道幸)

出演

赤松林太郎氏・ピアニスト

外交官を目指して神戸大学へ進学。
卒業前に腕試しとエントリーしたドイツの国際コンクールで上位入賞。
そのままヨーロッパデビューで世界を転々・・・。
コンクールを渡り歩き、その賞金で欧州にとどまり生活したというツワモノ。
数々の武勇伝、人呼んで「闘うピアニスト」。

1978年生まれ。幼少期よりピアノ、ヴァイオリン、チェロを始める。1990年に全日本学生音楽コンクールで優勝し、その後も国内の主要コンクールで優勝を重ねる。神戸大学卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院に学ぶ。2000年、クララ・シューマン国際ピアノコンクールで第3位を受賞。(審査員にはマルタ・アルゲリッチやネルソン・フレイレなど)以来、国際コンクールでの受賞回数は10以上に及ぶ。現在までに10か国で演奏を続け、日本においても年間60回以上のコンサートに出演。また、ピアノ講師としても絶大な人気を誇り、日本全国に300名以上の生徒を持つ。国内外の主要なコンクールで多くの受賞者を輩出し、2012年以降ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)指導者賞を受賞。キングインターナショナルよりCD「ふたりのドメニコ」「ピア
ソラの天使~ピアソラ・オン・ピアノ」をリリース。2014年よりハンガリー国立リスト音楽大学でマスタークラス講師。2015年春にはドナウ宮殿にてドナウ交響楽団との共演が決まっている。

武田邦彦氏・工学博士/中部大学特任教授

「ホンマでっか!? TV」「ドデスカ!」等でもお馴染み。

1943年生まれ。1966年東京大学教養学部基礎科学科卒業。
同年旭化成工業株式会社に入社、1986年同社ウラン濃縮研究所長、1993年より芝浦工業大学工学部教授を経て、2002年より名古屋大学大学院教授。2007年より中部大学教授。原子力学会平和利用特賞を受賞。

宗次徳二氏・宗次ホールオーナー

世界にフランチャイズ展開する、カレーハウスCoCo壱番屋の創業者であり、宗次ホールのオーナー。

宗次徳二氏プロフィール

日時

2015年2月1日(日)14:00~17:30ごろまで

タイムスケジュール

13:30 開場
14:00~16:00 赤松林太郎ピアノコンサート
16:30~17:30 交流会

会場

宗次ホール内ホワイエ
名古屋市中区栄4丁目5−14
052-265-1715

名古屋市中区栄4丁目5−14

定員

約50名(交流会のみ。コンサートの定員は約300名)

参加費

交流会費1000円(飲み物つき、当日支払い)+コンサートチケット2500円(別途チケットをご購入ください。購入方法は、別紙コンサートチラシをクリックしてご覧ください。ようゆう会[春日井市、特典あり]でも扱っております。)

協賛(ワイン提供)

株式会社マルト水谷(春日井市、酒販業)

参加申込み

以下の申込みフォームからお願いします。
なお、今回、「懇親会」は行いません。コンサートチケットをようゆう会から希望の方は、メッセージをお願いします。

会社名(個人の方は不要)
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
メールアドレス(確認用)(必須)
お電話番号(必須)
お申し込み内容
連絡事項