2012年8月3日 ようゆう会 番外編

火曜日 , 3, 7月 2012 2012年8月3日 ようゆう会 番外編 はコメントを受け付けていません。

2012年8月3日(金曜日)に、満席御礼、大好評だった昨年11月の「ようゆう会」

サムライピアニスト赤松さんほか登場の再現、ひと倶楽部例会のご案内です。

********************************************

“ひと倶楽部 名古屋”例会

日 時:2012年8月3日(金曜日)

18:00 開場 受付開始

18:20~18:50 プレイベント「ミニコンサート」(途中入場可)

ピアノ 赤松林太郎 曲目(予定)、ショパン「英雄ポロネーズ」他

19:00~20:20 ひと倶楽部 講演会(対談とパフォーマンス)

20:20~21:00 懇親会(簡単なお飲み物と食事を用意いたします)

会 費:3,000円

会 場:5/R Hall&Gallery

(ファイブアール ホールアンドギャラリー)

HPはこちら→http://www.five-r.jp/pages/common/access

TEL:052-734-3461

名古屋市千種区今池1-3-4

※注 最寄り駅は「今池」ではありません。

JR、地下鉄「千種」駅から歩数分。

駅ロータリー(地下鉄4番出口)から

河合塾方面にむかって見える吉野家とファミリーマートの

間の道に入って一本目を左にすぐ。

講演者:赤松林太郎さん & 小島伸吾さん

演 題:対談とパフォーマンス

「文化・芸術でメシがくえるか!?」

~文化・芸術とともに生き抜くこと~

********************************************

「文化でメシが食えるか?」というセリフは、

くえない芸術家がでてくる映画かドラマの一場面できいたような、

一般の仕事人の私たちとはちょっとかけ離れた

セカイの話しかもしれません。

しかしながら今回、芸術の技(わざ)を生かして

“メシを食う”、すなわち、

文化とビジネスをまたいで活動するお二人に

ご登場いただけることにな

なりました。

お一人は、10代からいくつもの音楽コンクールに優勝、

入賞し、20代でヨーロッパに音楽武者修行、

放浪、現在、自身の音楽プロダクション事務所を運営。

サムライピアニストとも呼ぶべき赤松林太郎さん(33)です。

もうおひとりは、版画家で焙煎ショップ店主、

小島伸吾さん(45)。

「浮世絵」を贈りものの包みに流用するなど、

柔軟な商いをした江戸の文化職人を

彷彿とさせるかたです。

文化・芸術・ビジネスをとおしたお二人の対談と

パフォーマンスは、わたしたちのふだんの仕事や生活に、

新たなスパイスを付け加えてくれるかも。

どんなお話しや音楽が飛び出すかは、当日のお楽しみ…

********************************************

赤松林太郎

ピアニスト Office La PARADE代表

HPはこちら→http://rintaro-akamatsu.com/profile.html

10代から、数々の国内外のピアノコンクールに優勝、入賞。

神戸大学卒業と同時に渡仏し、2003年にパリの

名門エコール・ノルマル音楽院を首席卒業。

2007年帰国後、自身の音楽事務所開設と同時に、

演奏、講演、後進指導など、従来の多くの音楽家の路線とは

ちがった、めざましい活躍をみせる。

東北の震災地にピアノをおくるチャリティコンサート等

の活動も。和服、陶器、歌舞伎など日本文化にも造詣が深い。

ブログ:http://rintaroakamatsu.blog72.fc2.com/

小島伸吾

版画家、ヴァンキコーヒーロースター店主

HPはこちら→http://www.vankicoffee.com/

2008年、「お好みのブレンド、お好みのテイスト」を

キャッチフレーズにオリジナルブレンドのコーヒー焙煎店を

名古屋・天白に開業。

個人・専門店向けから、企業の贈答品、

さらには松岡正剛や松丸本舗(丸善)といった一流文化人・書店などの

きめ細かい個別オーダーまで、芸で培った柔軟な発想力を生かした

提案を行う。

オリジナル版画をコーヒーのパッケージにするという

親和性と独自性に特徴をもつ“文化職人”

(案内人 滝澤道幸)

【協力】ようゆう会、音楽サロン「ミューズ」